Insurance review

保険の見直し

雨が降りそうな時、傘を持って出かける方が多いと思います。

これは雨が降って濡れてしまうリスクに対して、傘という保険を持っているということになります。

医療保険と死亡保険をこの例えで表すとこうなります。

まず気に留めて頂きたいのは、国が傘をある程度用意してくれるということです。

(3割負担、高額療養、年金等)

この国の傘でも十分でないケースも考えられます、また扶養家族等がいれば一般に傘も大きくなければなりません。

その場合に民間の保険に入り、十分な大きさの傘を用意しておくということになります。

もし貯蓄が一定度あれば、これも傘になり得ます。

 

保険はリスクの大きさと守るもののバランスで決まります。

個々人の状況にとってその傘が妥当なのかを保険の見直しで検証します。

ぺんぎんFPではこれらの要素をお金に変換して、個々人のリスクへの価値観も考慮した上で納得の行く保険のバランスを提供致します。

 

保険商品は損害保険も含めると多種多様を極めており、一般消費者が詳しい内容を把握するのは困難な状況となっています

「保険」という名はついているものの、貯蓄や資産運用の要素が入っているものも多くあります。他の金融商品と比較してのアドバイスも致します。

 

ご興味ありましたら、お問い合わせよりご相談ください。

Contact Us
お問い合わせ

お問い合わせ誠にありがとうございます。
2日以内に内容を確認しご返信いたします。